【その他】キングカズこと三浦知良のコラムが良かった!~日本の力をみせるとき~



自分に正直に生きよう! ちりつもダンクの考え
スポンサーリンク

毎日着実にコロナウイルスの感染者数が増えていっていますが、

PCR検査実施数に対して、陽性の患者の割合はあまり変わっていないのではないかと思います。

検査実施数の増加とともに感染者数が増えていくという感じと認識しています。

ということで、潜在的なコロナウイルス感染者はもっと多いと考えるべきで、

そのくらい日本でも身近に危機が迫っているという意識を持つべきだと思います。

自宅待機やリモートワークができる人はできるだけ自宅に居るようにしましょう。

理想論であることは百も承知ですが、皆でやらないと効果が薄いですから。

 

さて、今日はたまたま日経新聞のコラムで見たキングカズこと三浦知良のコラムが

いい内容だと思ったんで紹介します。

”サッカー人として”「日本の力をみせるとき」

 

すべての行動が制限されるわけではない緊急事態宣言は「緩い」という声がある。

これは海外メディアの論評だと思いますが、

海外で拘束力のない緊急事態宣言は恐らく効果はないでしょう。

そういった個人主義の国民性が世界では普通ですからね(ミサイル坊ちゃんの国等は別)。

一方、日本ならそんな緩い緊急事態宣言でも対応できるかもしれないと思ったりもしています。

甘い考えかもしれませんが。。。

 

コラムに書かれていますが、「協調」は日本人の最も特徴的な国民性ではないかと思います。

世界でも有数の生真面目さ、規律の高さ(いずれも自主的、本能的な部分という意味で)は

多分、他の国で育ったら自然にはできないと思います。

これは日本人が義務教育や親からそういった教育を脈々と受けてきたからであって、

良くも悪くもそれが日本人の個性です。

個人的には出る杭は打たれる的な皆で仲良く進んでいこう的な日本の義務教育は

嫌な思いを色々としてきたので、本当に嫌いでしたが、

こういった時にはその義務教育が育てた国民性が役立つかもしれないと思っています。

 

そういった意味で自分もカズと同じく日本人を信じてみたい思いがあります。

「都市封鎖をしなくったって、被害を小さく食い止められた。やはり日本人は素晴らしい」

もし、このような緩い状況で被害(※死者数)を小さくすることができたら、

そういう印象を世界に改めて見せつけることができますよ。

※PCR検査数は実施数が少ないので感染者数は間違いなく不正確ですが、死者数は割と正確です。
というのも、肺炎で死んだ場合でコロナウイルスが死因の可能性がある場合は
死後検査でコロナウイルスが死因かどうかちゃんと鑑定しているようです。

 

日本は世界でも稀に見る愛国心の薄い国ですが、

たまには日本のいいところにスポットライトを当てて、

自分が日本人であることを誇らしく思う瞬間があったっていいと思います。

 

だから、

政府からの要請によって初めてロックダウンするのではなく、

各々の考えに基づいた「セルフ・ロックダウン」で乗り切っていきましょう!

その1クリックが執筆のモチベーションです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ 

こちらもお願いします(^^♪

 

ちりつもダンクの考え
スポンサーリンク
イイね!と思ったら是非シェアをお願いします(^^)/
ちりつもダンクの記事をまた見たいと少しでも思った方は気軽にフォロー♪
副収入で経済的自由を目指す30代サラリーマンのブログ(太陽光×不動産×ブログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました