その道の成功者に話を聞くことが成功への近道!



自分に正直に生きよう! ちりつもダンクの考え
スポンサーリンク

投資でも何でもそうですが、

新たな一歩を踏み出す時は勇気がいりますよね。

ましてや、お金が絡む投資となると自分や家族の生活も関わってくるので

より慎重になってしまうものです。

そういった時は、

やろうと思っていることを既に行っている人に話を聞きましょう!

というお話です。

では、行ってみましょう!

成功者に成功した話を聞くことが成功への近道

 

やたら成功という文字が多いタイトルになっていますがご容赦ください(笑)

 

新たな投資を行う際、自分なりにその投資に関してインターネットや本で調べてたり、

セミナーに行ったり自分なりに勉強すると思いますが、

本当にこれでうまく行くのかと疑問が拭えないことが多いですよね?

割と表面的なことや方法論に終始していることが多い気がして確信が持てないというか。。。

 

それはある意味その通りなんですよ。

インターネットや本は誰でも見ることが可能という特性上、

情報を取ることが容易である反面

書きたくても書けないことが発生するデメリットが少なからずあるものです。

それでもって、実はその書けないことが成功の秘訣だったりする訳ですからタチが悪い。。。

 

それに加えて、不動産など未経験の業界でいきなり何百万の元手で始める投資となれば、

サラリーマンとして勝手知ったる業界での独立でない限り不安ですよね。

 

そういう時は、

その業界で成功している先輩投資家に話を聞きに行きましょう!

その理由は

成功者・経験者の知識(実学に基づくノウハウ)に勝るものはない

とちりつもダンクが考えているからです。

 

その業界の第一人者になる場合でない限り、

先陣を切って投資を行っている投資家が必ずいるはずですので頑張って探しましょう!

そういったってそんな人身の回りにいないよ!

って人は調査不足です!

 

成功者は何もオフラインの人間関係だけで探す必要はありません。

今はインターネットやSNSが普及している時代ですから、

そういったネットワークで検索すれば絶対に先陣を切った投資家を

比較的簡単に知ることができます。

先日記事にした交流会に参加するのも良いアイデアです。

オンラインから徐々に関係性を構築していって、

オフラインで話が聞けるようになれたらベストですよね!

 

 

成功の話を聞く理由

前章で成功者から話を聞けと言いました。

そして、その理由を

成功者・経験者の知識(実学に基づくノウハウ)に勝るものはない

からだと言いました。

 

でもそれだけでは若干説明不足かもしれません。

成功には必ず理由(=ビジネスの仕組み)があります。

それを把握することが一番大事なのです。

成功者はその業界におけるビジネスが成功する仕組みを心得ているから成功するのです。

 

新たな投資において成功するかどうかは自分自身は成功する仕組みを確立し、

実践できているかどうかにかかっていると言えます。

少なくともその仕組みを事前に把握できているかどうかでその後の成功率は大きく変わります。

 

しかし、これからやるものについて自分で成功するための仕組みを把握することは

サラリーマンで業界をよく知っている人でない限り容易ではありません。

だからこそ、成功している先輩投資家に話、いや成功する仕組みを聞きにいくことが大事なのです。

 

 

成功者の話を鵜呑みにしてはいけない

先輩投資家の話を聞けと言いましたが、

この章のタイトルは鵜呑みにするなと言ってます

どういうこと?

と思われると思います。

 

ちりつもダンクが言いたいことは

成功の仕組みを把握し、どういった投資を行うかの最終判断を行うのは自分自身である!

です!

 

成功者の話を聞いて、そのまま言う通りにやって成功するとは限りません。

成功の仕組みはある程度普遍性がある本質的なものですが、

①再現性が取れるかどうか

②よくある方法論と混同してしまっていないか

等を把握したうえで実行しないと上手くいかないことが往々にしてあるからです。

 

①、②について簡単に例を挙げて説明しましょう。

 

①再現性が取れるかどうか

投資には実行するべきタイミングがあります。

例えば、太陽光発電は2012年にFITが始まりましたが、2019年でFITは終了しました。

2020年も物件はまだ残っていますが、

投資としての旨味は2017年頃までで今は旬が過ぎてしまった投資です。

もちろん成功できない訳ではないですが、

成功するための難易度が確実に年々上がっていっています。

 

②方法論と混同していないか

こちらは不動産投資の例で話しますが、

2017年頃までに流行っていた「一棟一法人スキーム」がその例に当てはまります。

一棟一法人スキームとは、物件を個人名義ではなく法人名義で銀行のプロパーローンでの購入を

繰り返すことで、法人が決算を迎えるまでは他行に融資を受けていることがバレないため

通常より多く物件が購入できる方法です。

不動産投資の勝つ仕組みはざっくり言うと

「賃貸需要がある立地の物件を割安で仕入れて運用する」

ことです。

この仕組みを無視して方法論に走った場合、

物件保有数は多くても負け物件を多く掴んでいた場合は当然ながら成功することはできません。

 

 

まとめ

さて、今回の記事は

成功者から成功する仕組みを聞き出そう!

ということが最も言いたいことでした。

ということで、

まずは成功者の話は全てメモるくらいの気持ちで聞きましょう!

でも、それが自分でも成功させることができるかどうかまで成功者は保証してくれないので、

再現性があるか、方法論に陥ってないかといった注意点を踏まえつつ、自分で吟味することが必要。

成功の仕組みを構築できる確信が取れて初めてGOでしょう!

あと、今回の記事の主旨ではなかったので書きませんでしたが、

GOする前の検討段階で

収支計算を必ず自分で行いましょう!

ビジネスですから数字が上がってこその事業であり、投資です。

 

投資は自己責任!

でも、楽しいぞ♪

その1クリックが執筆のモチベーションです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ 

こちらもお願いします(^^♪

 

ちりつもダンクの考え 資産運用
スポンサーリンク
イイね!と思ったら是非シェアをお願いします(^^)/
ちりつもダンクの記事をまた見たいと少しでも思った方は気軽にフォロー♪
副収入で経済的自由を目指す30代サラリーマンのブログ(太陽光×不動産×ブログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました