【融資】フリーローンは融資戦略の最終兵器?!



融資
スポンサーリンク

太陽光発電にしろ、不動産投資にしろ、皆さんが必ずぶち当たるのが融資の壁。

御多分に漏れず、ちりつもダンクも幾度となく阻まれてきました。

それは、銀行のスコアリングというものをよく学ばずに融資を引いてきた不勉強の代償です。
※完全に自戒です。。。

 

とは言え、不動産投資でも賃貸需要があるエリアに限って言えば、

購入金額より積算評価が出ている物件なんてまず表には出てこないでしょうし、

太陽光発電所は積算評価はゼロに等しいですから、

潤沢な自己資金がない限り、融資を受けて物件を購入したら

一般的に実質的債務超過になることは避けられないですし、

誰もが通る道と行っても過言ではないと思います。

 

そのあとは、事業実績如何ですよね。

よく3期黒字決算が必要と言われるのはまさにそれが理由でしょう。

 

ただ、金融機関は事業の事業性に対して融資をするのが本来の姿ですが、

銀行を中心に担保主義が横行しすぎていて、事業として回っていても

積算評価額や手元の資金を見られることが多いようなので、その点はとても残念ですね。

債務超過の人間にも融資内諾をした公庫(←過去記事へ飛びます)やノンバンク、信販会社を

少しは見習って欲しいところです。。。

 

という長い前置きと言う名の愚痴はこのくらいにして(笑)、本題に入っていきましょう!

 

フリーローンは融資戦略に行き詰った時の最終兵器

まだ事業実績を十分積めていない状態で、融資戦略に詰まってしまった時に使える融資はないのか?

と言うとありますよね。

いわゆるフリーローンです。

 

サラリーマンに限って言うならば、

ほぼ源泉徴収票のみで審査が行われます。

もちろん、法人なら決算書、個人事業主なら確定申告書です。

 

太陽光発電ではお馴染みの信販ローンもフリーローンではありますが、今回はそれは除外して

ここでは用途自由と書かれつつ、二言目に「事業用としては使えない」とまず100%書かれている、

但し書き付きフリーローンのみについて話をしていきたいと思います。

 

仕組みとしては、カードローンの方が多いですかね。

カードローンとフリーローンの違いはややこしいですが、

ざっくりと言うと、

完済後も新たな審査なしに借りられるものがカードローン(一定の融資可能枠がある当座貸越型)

完済後、追加で借りる場合は新たな審査が必要なのがフリーローン(証書貸付型)

と分類すれば良いと思います。

 

さて、そんなフリーローンですが

金融機関によっては

上限1000万円くらいまでと結構高額な金額を借りれることが強みです。

一方、複数の金融機関から借りていると、

多重債務者とみなされて融資を受けることができなくなる、

金融機関の信用度を下げてしまうこともあるため、諸刃の剣という表現が妥当かと思います。

 

フリーローンを使った方がいいタイミングとは?

では、カードローンやフリーローンを使ってもよい場合はどんな時かということについて、

ちりつもダンクの持論を書いていきたいと思います。

①返済のあてがある状況で一時的に資金が必要になった場合(いわゆるつなぎ融資)
②カードローンの審査が通らなくなる状況に変わる場合

この2つのケースについてざっくりと書いていきます。

 

①返済のあてがある状況で一時的に資金が必要になった場合(いわゆるつなぎ融資)

カードローンやフリーローンは多重債務者が借りるケースが多いということで敬遠されていますが、

ちゃんと完済すれば、それは単純に返済実績となります。

その場合、

一度も借りたことのない属性の高い新規顧客より、

返済実績がある属性の低い既存顧客の方が評価される

ケースがあります。

 

したがって、つなぎ融資のように、返済するあてのある借入れであれば、

カードローンも必ずしも悪手ではないと言えます(いわゆる、お布施ですねw)。

まあ、つなぎ融資を引ける状態の事業者がわざわざプロパー融資ではなく

カードローンでつなぎ融資を引く理由もあまりない気がしますが。。。

 

②カードローンの審査が通らなくなる状況に変わる場合

これが当てはまるケースは、

退職や転職を予定している時や長期間の休職を予定している場合です。

サラリーマン前提の話になりますが、

フリーローンは基本的に源泉徴収票、つまり給与収入を返済原資としているローンですので、

借主に安定的に給与収入が入ってくる状況を前提としており、

退職後や長期間の休職、無職の状況ではローンを引くことができません。

 

しかし、こういった状況は計画的に進めている場合が多いと思いますので、

上記のような環境変化を予定している場合は、

予めフリーローンの仮審査を行い、融資枠を確保

しておけばいいだけの話です。

実際に融資を受けるのは環境変化後でも仮審査を通過していれば、

一定期間の間は仮審査時の融資金額を借りることができます。

 

ちなみに、融資枠は概算ですが、

ほとんどの金融機関では総量規制の影響で年収の1/3が上限になっていますが、

一部金融機関は年収の1/2まで借りることができる確認が取れています!

金利は金融機関によってバラバラですので、ホームページでしっかり確認しましょう!

 

まとめ

融資戦略の最終兵器?!フリーローンについて書いてみました。

時と場合によって、使ってもよいタイミングがあるというところが今回の伝えたいところですね。

 

あとは、借りる先ですが、

後々お付き合いしたいと思える金融機関に限ってフリーローンを借りるようにしましょう。

都市銀行や地銀、信金、信組、ノンバンク、ネット銀行あたりです。

ちなみに、この中では地銀が最も積極的にフリーローンを売り込んでいるという印象です。
横浜銀行フリーローン
千葉銀行フリーローン

 

なお、間違っても消費者金融は使わないでください!

調べればすぐ分かりますが、流石に金利高過ぎですし、

もし次に繋がっても顧客というより単なるカモとしか見られないはずなので。。。

 

やはり、

何事もご利用は計画的に♪

ですね!

 

それでは、また!

その1クリックが執筆のモチベーションです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ 

こちらもお願いします(^^♪

 

融資
スポンサーリンク
イイね!と思ったら是非シェアをお願いします(^^)/
ちりつもダンクの記事をまた見たいと少しでも思った方は気軽にフォロー♪
副収入で経済的自由を目指す30代サラリーマンのブログ(太陽光×不動産×ブログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました