経済的自由って何?



ちりつも 経済的自由
スポンサーリンク

ブログのタイトルにもありますが、経済的自由という言葉は分かりやすいようで分かりにくい言葉ですよね。

ネットとかでググって見ても人権の話であったり、不労所得の話がでてきたりしますが、いわゆる、FIRE (Financial Independence Retire Earlyの頭文字を取った略語で経済的に自立し、早く退職しようというニュアンスが正解かと思います。 米国のミレニアル世代(1981~96年生まれ世代)の中でFIREを目指す動きが広がっているようでして、FIREムーブメントと呼ばれているそうです。

私もFIREという言葉は全然知りませんでしたが、経済的自由という言葉を調べる過程で、(言葉が?)流行りつつあることを知りました(笑)

このブログではFIREでいうアーリーリタイアまでは必ずしも想定していないことから、「経済的自由=financial-independence 自分の理想とする生活を維持するために必要な資金or手取り額の確保した状態」という解釈で進めていきたいと思います。

この私の定義によると経済的自由は人それぞれでゴールが違うことになりますので、自分自身に置き換える場合はどういった生活をしたい、そのためにはいくら必要かといったことを考えていく必要があります。

必要な資金の見積もりは割と論理的に概算できるのではないでしょうか。家族構成に始まり、月々の生活費、家賃もしくは持ち家のローン返済、教育費、車のローンなど家計の支出面に加えて、一定程度の貯蓄額を見積もることができれば概ね完了です。

この検討の肝となる部分は自分の理想とする生活という部分です。

自分自身がどういった時間の使い方をしたいかを真剣に考えてみてください。

仕事が好きな人であればワーカホリックな生活を理想とすればいいですし、趣味に時間を費やしたい人であればそのための時間の確保はしたいですよね。

そういった理想の生活を検討すると、理想の働き方いや正しくはお金の稼ぎ方も見えてくると思います。

別に週1仕事、週6休みでも生活できるだけのお金があればそれでいいんです(^^)それこそ、プロブロガーの成功者とかならば月1回数時間の作業で十分な人もざらにいます。

そういった人達は経済的自由を実現するだけの稼ぐ仕組みを持っているからそういう生活スタイルになるのです。

ただでさえ少ない時間を削って経済的自由を目指すなら、最終的にはそういう経済的自由人になりたいと思うのが普通かなと私は思います。

ちなみに、私にとっての経済的自由は最終的にサラリーマンを辞めて投資家として月200万円を稼ぎ出せる状態となりました(笑)

私はバスケットボールが好きなので、平日に週2,3日プレイしたいと思っているのですが、現実は仕事はもちろん家庭もありますしサラリーマンがそれを実現するのは容易じゃなく、収入減が給与収入のみという前提で考えるとそれなり(減給を伴う待遇の変更、転職など)の犠牲を払うしかないんですよね。。。

バスケはしたいけど経済的自由に向けて遠回り(年収の悪化)はしたくないし、う~~~ん。。。

と考えているうちに副収入、しかもいわゆる不労所得を作るしかない(最終的にはアーリーリタイアをして副収入を本業化する)という結論に至りました。

月100万という金額ですが半分マジ半分ネタといったところで、自分の理想とする生活をするにはそんなに必要なく、大きく見積もっても月50万円あれば十分という結論だったのですが、資産運用が趣味と化してきている節があり、そっちに振り向けるお金も欲しいな。。。などと思っているうちに欲しい金額がインフレしてしまいました。あくまで理想ですから夢は大きくていいんじゃないでしょうか(笑)

という私の個人的な目標はさておき、大事なのは私のように目標がぶっ飛んでようがういまいが、まず目標額を立ててみることです。そして、目標額に到達する目標時期を決めて、それに対して現実的な計画に落とし込むことができれば良いのです。そこまでできれば、あとはその計画に従って粛々と行動すればよいのですから!

ただ、自分の理想とする生活を維持するために必要な資金or手取り額を算出し、計画を立てようとすると、多くの人が今の仕事の年収だけでは到達できないことに気付くはずです。もちろん私もその一人でした。

そう、ごく一部の方々を除き一般的なサラリーマンが本業だけで経済的自由を確保することは不可能です!残酷な結論かもしれませんが、これは受け入れるしかありません。

大事なのはその結論を受け止めつつ、諦めずにどうすればできるかを考え・行動することです。

何事もそうですが、大多数の人は「◯◯のリスクがある」、「時間がない」などできない理由を列挙して最初から諦めて行動に移しません。

少数派の選択肢側にチャンスがあるのです!

チャンスとリスクは表裏一体です。

しかし、◯◯リスクを予め洗い出し、それに対するリスクヘッジができれば、そのリスクは必ずしも危険な要素ではありません。

正確に言うと、そもそもリスクとはそもそもプラスにもマイナスにも転びうるブレ幅を示すものであって、危険性を示す言葉ではありませんがそれは良いでしょう。。。

計画を実行するための手段、副収入をどうやって得ていくかを検討・実行していくことで少しずつ経済的自由に近づくことができるはずです。

それでは、長くなりましたのでこの記事のまとめをしておきたいと思います。

①経済的自由とは自分の理想とする生活を維持するために必要な資金or手取り額の確保した状態である。

②自分自身がどういった時間の使い方をしたいかを真剣に考える。

③目標額を立て、目標額に到達する目標時期とそれに対して現実的な計画に落とし込む

④計画に従い行動する

その1クリックが執筆のモチベーションです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ 

こちらもお願いします(^^♪

 

経済的自由
スポンサーリンク
イイね!と思ったら是非シェアをお願いします(^^)/
ちりつもダンクの記事をまた見たいと少しでも思った方は気軽にフォロー♪
副収入で経済的自由を目指す30代サラリーマンのブログ(太陽光×不動産×ブログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました