【その他】コロナ禍は変化に対応したものが生き延びるという過酷な現実



自分に正直に生きよう! ちりつもダンクの考え
スポンサーリンク

進化論!

といえば、

「変化に対応できるものだけが生き残れる」

というダーウィンの名言ですね!

 

39県で緊急事態宣言解除が正式に決定されましたが、

ちりつもダンクの居住地は残る8都府県なので、

引き続き不要不急の外出は控えるべき立場にありますが、

例によって週2の外食デーだったので、

今日も今日とて懇意にしている地元の飲食店の料理をテイクアウトして、

胃袋と心を満たしております(笑)

 

この飲食店は緊急事態宣言に合わせて、テイクアウトやデリバリーを開始、

一方でディナーを中止、その後ランチを中止といった具合に、

状況に合わせて、柔軟に手を打っている敏腕シェフのお店です。

シェフに聞くと、売上はやはり減っていると言っていましたが、

苦境であってもこういった変化に対応できる店は生き延びるんだろうな~と思っています。

 

元々固定客が多かったこともあると思いますが、

テイクアウトは結構盛況で昼時、夕食前は本当に忙しそうにしています。

かくいう自分も、これまでは、月1回、多くて2回程度しか食べに行かなかったのですが、

今は毎週テイクアウトしに行っていますしね(^^♪

きっと、同じような思考の常連さんが買いに来ているんだと思っています。

そういった固定客がついている店は客足が減っても閑古鳥といった状況までにはなりません。

ついでに、店のFacebookも更新頻度を上げて宣伝しているのを見つけたので、

がんがんシェアしてます!

自分ができる協力は惜しまない、もはや、頼まれてないけど勝手にやっています(笑)

 

自粛も大事ですけど、自分の大事なものがなくなるのは耐えられません!(←出た、自己都合)

懇意にしている飲食店が最大限の経営努力で死ぬ物狂いで頑張っている以上、

例え小さくても自分ができる協力はするのが常連(ぶっているだけw)というものでしょう!

 

聞くところによると、シェフは3月から一切休みなしで、

店の定休日までテイクアウト用の仕込みをしているようなので、身体を壊さないか心配です。。。

 

さて、少し話がそれてしまいましたが、

コロナ禍って、まさに店の実力が試される時ですよね。

お客さんにとって必要とされている店は生き残り、

これまでのゆる~っとした好景気で何とか生き延びられた店はここで終了かな。

自分にもっと経済力があれば色々な店に食べに行きたいですが、

そんな余裕は全くないので、自分にとって大事な店だけ行きます( ;∀;)

地元の飲食店の皆さんゴメンナサイ。。。

 

 

「変化に対応したものが生き残る」

 

これを自分へのミッションとするならば、

コロナ禍は今後一事業者としてやっていくうえで

生きるか死ぬか

の分かれ道になりそうです!

 

ということで、敏腕シェフを見習って、ちりつもダンクもこの過渡期を乗り切ってみせます!

むしろ、自分のステップアップにつなげるべく、やれることを実行していきたいと思います!

その1クリックが執筆のモチベーションです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ 

こちらもお願いします(^^♪

 

ちりつもダンクの考え
スポンサーリンク
イイね!と思ったら是非シェアをお願いします(^^)/
ちりつもダンクの記事をまた見たいと少しでも思った方は気軽にフォロー♪
副収入で経済的自由を目指す30代サラリーマンのブログ(太陽光×不動産×ブログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました