会社の福利厚生を上手く使おう!〜福利厚生は第二のボーナスだ!~



福利厚生 福利厚生
スポンサーリンク
今日は長野県某所からブログ書いてます(^^)
実はちりつもダンクが勤める会社はとある会員制リゾートの法人会員になっており、
その権利を行使して家族で泊まりに来ているのです。

今日はそういった福利厚生についてのお話です。

福利厚生は給与明細に反映されない第二のボーナス!

 

毎月の給与明細を楽しみに見ているサラリーマンの方は少なからずいると思いますが、
自分の勤める会社の福利厚生の案内やパンフレットは読んだことありますか?
意外と少ないんじゃないでしょうか
ちゃんと読んでおいた方が良いですよ!
というのも、
福利厚生は給料には反映されない会社から社員へ支給される実質的なボーナス
だからです。
上手く福利厚生を活用している人に比べて
福利厚生の制度を全く活用していない人は実質的に損をしています。
そう言われると、何か悔しい気がしませんか?

でも、その通りなんでこれを機に会社の福利厚生を勉強してみましょう!

 

どんな福利厚生があるのか?

これは会社毎に違うので一般的にこうだ!
とは言えないのが正直なところですが、
福利厚生サービス会社であるベネフィット・ステーション

が提供するサービスを例としてお得度を考えてみましょう!

・TOHOシネマズ映画鑑賞券
 通常価格1900円→優待価格1400円
 約26%OFF
TOHOシネマズ

 

・すみだ水族館入館料
 通常価格2050円→優待価格1850円
 約10%OFF
すみだ水族館
こんな感じです!

ベネフィットステーションは会社が契約していれば、誰でも同様のサービスを受けることができます。

しかし、もっと凄いものもありますよ!
会社によってはもっとお得度の高いサービスを用意しているところがあります!
その例はまさにちりつもダンクが勤める会社にあるのですが、
本記事の冒頭で紹介した
会員制リゾートの法人会員です
これは会社自体が会員制リゾートの法人会員になっており、
社員は社内の利用ルールに従って安価で使用することができるといった特典です。

 

会員制リゾートはいくつか例を挙げますと、

・東急ハーベストクラブ
・リゾートトラスト
といった会社が運営をしています。
この会員制リゾートの特徴は基本的に会員制のため料金の割に宿泊設備が充実していることです。
※この仕組みは会員権を何百万~何千万という価格で購入することで、
 1回あたりの宿泊は割安になるというものです。
 ということで、個人で購入すると元を取るのも大変ですね~。

 

一例として、東急ハーベスト旧軽井沢に大人2名朝食のみで宿泊した場合を比較してみます。

会員の場合、
(3960円+2420円)×2=12760円
一方、じゃらんで同じ条件で予約すると
23000円
たまたまあるクーポンを利用しても20900円
その差約1万円、何と約44%OFFです!
じゃらんや楽天トラベルでポイントサイト経由で予約してポイントゲット〜♪
とか言って喜んでる場合ではありません!

ということで、調べるべきはまず自分の会社の福利厚生です!

 

まとめ

今回は会社の福利厚生を活用しよう!
というお話でした。
ここで挙げた事例はほんの一例です。
それだけでも、福利厚生の内容を知ってるか知らないかで
いかに違うかが少しお分かりいただけたと思います。
ただ、どんな会社でもある訳ではないので、
是非一度自分が勤めている会社の福利厚生を確認してみてください!
コスパ良く人生を楽しむチャンスが転がってるかもしれません♪
時間効率を最も大切にしているちりつもダンクですが、
当然金銭的効率も高くしたいと思っています( ̄▽ ̄)
制度とは知っているものだけが得をするものなのです!
知らなきゃ損!

その1クリックが執筆のモチベーションです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ 

こちらもお願いします(^^♪

 

福利厚生
スポンサーリンク
イイね!と思ったら是非シェアをお願いします(^^)/
ちりつもダンクの記事をまた見たいと少しでも思った方は気軽にフォロー♪
副収入で経済的自由を目指す30代サラリーマンのブログ(太陽光×不動産×ブログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました